生活用品

LTE使い放題?WiMAXどちらがお得?ポケットWi-Fiオススメ3選!

更新日:

出典:umobile.jp

ポケットWi-Fiを買いました!

すごく悩みました。なにせ、選択肢が多い。まるでシュタインズゲードのそれです。

今回はLTE使い放題のプランに絞ってご紹介します。

後ほど記載しますが、WiMAXはコスパが悪いです。コスパ重視の著者はLTE使い放題一択です。

この悩み抜いた結果をこの記事にまとめました。

この記事は5分程度で読めます。

 

ポケットWi-Fiとは?

出典:mobile.jp

ポケットWi-Fiとは携帯電話の通信網を利用して動作するWi-Fiルーターです。

家庭用のWi-FiルーターはLANケーブルが繋がっていますが、ポケットWi-FiはワイヤレスでWi-Fi対応機器が使えます。

モバイルWi-Fiルーターとも呼ばれている

ポケットWi-FiとはYモバイルの通称で、本来はモバイルルーターと呼ばれるものですが、ポケットWi-Fiという言葉が浸透しすぎてどちらでも伝わります。

 

なぜLTE使い放題なのか?

WiMAXのダメなポイント

WiMAXは室内では使い物にならない

「WiMAX」の画像検索結果

出典:wimax-broad.jp

WiMAX使ってみましたが、部屋に入るやいなやダイアルアップ接続並みの速度しか出なくなりました。木造建築の建物で、窓が多い環境ならもう少し違ったのかもしれませんが。

建物内で通信速度が遅くなる原因は、WiMAXの使用電波の周波数帯域が非常に高いためです。

室内にまで電波が届かず非常に通信速度が遅くなります。

数週間利用しましたが、窓際族でした。(窓際が一番電波を拾うので)

WiMAXは2年縛り契約で違約金が発生する

「違約金」の画像検索結果

出典:u-mobile.jp

月々の利用金額が3000円であっても違約金を支払ってしまうとかえって割高になってしまいます。

おおよそ2万円近くの違約金がかかります。1年ほどで解約してしまうと、月々プラス1000円以上かかってしまうことになります。

WiMAXは名ばかりの使い放題

「WiMAX ③g制限」の画像検索結果

出典:wimax-broad

3日間で3GBまでという利用制限があります。

3GBを具体的に表現すると。

amazonプライムで1時間映画をみる→1GB

3日で2本映画を見るだけで通信制限の対象となります。

LTE使い放題とWiMAXの比較

LTE使い放題 WiMAX
室内での繋がりやすさ
違約金 不要 高額(1−2万円)
通信制限 ない(非常識なトラフィックは規制) 3GB
月額料金 2500円〜7000円 3000円前後
最高通信速度 普通  100M 超高速 300M

コスパ最強LTE使い放題3選

U-mobile データ専用 LTE使い放題

「u mobile 使い放題」の画像検索結果
出展:U-mobie

U-mobile データ専用 LTE使い放題

月額:2480円
※2018年9月12日現在

ドコモエリア、容量制限なし、コスパ最強です。

モバイルルーター本体のみアマゾンで購入すればすぐに使い始められます。

 

DTI SIM ネット使い放題

「dti 使い放題」の画像検索結果

出展:DTI

DTI SIM ネット使い放題
参考価格:2200円
※2018年9月12日現在

こちらもドコモエリア、容量制限なし、コスパ最強です。

モバイルルーター本体のみアマゾンで購入すればすぐに使い始められます。

 

FUJI WIFI 4G/LTEいつも快適プラン

「fujiwifi」の画像検索結果

出展:FUJI WIFI

FUJI WIFI 4G/LTEいつでも快適プラン
参考価格:6000円
※2018年9月12日現在

私はFUJI WIFIを契約しました。

上で紹介したU-mobile データ専用 LTE使い放題は月額2480円。

DTI SIM ネット使い放題は月額2000円。

一見はFUJI WIFI 4G/LTEいつでも快適プランの6000円は割高に感じますが、そのマジックを説明します。

①実行速度が速い

とにかく普段使いでの通信速度が速かったのです。実測20Mb/sほどでした。他の2つのLTE使い放題は早くて10Mb/sで、混雑時間帯だと1Mb/s程度しか速度が出ません。1Mb/sもあればYOUTUBE位なら余裕で再生できますが、ブラウジングしてると「なんか遅いな?」なんて感じます。

②速度制限されにくい

LTE使い放題のネックは速度制限です。非常識な量を使わない限り制限はかかりませんが、FUJI-WIFIは200GB程度までなら制限はかかりません。他のLTE使い放題は速度的にも、200GBなんて量を使うのは難しいです。映画で例えたら1GB1時間なので200時間もみないと制限されないのです。

③ルーターセットになっている。

ルーターを別途購入する必要がありません。

コスパ最強に使うためのおすすめモバイルルーター本体

「Aterm MR05LN」の画像検索結果

出展:aterm.jp

Aterm MR05LN


参考価格:17800円
※2018年9月12日現在

  • WANインタフェース:LTE、HSPA+、HSPA/WCDMA、GPRS
  • 無線LANインタフェース:IEEE802.11ac/11n/11a/11n/11g/11b
  • 連続動作時間 : WiFi…最大約14時間、Bluetooth…最大約30時間
  • Bluetooth 4.0 ( Class2 )
  • 2.4インチ LCDタッチパネル "静電感応式320x240pixel"
  • 「自動SIM切替」搭載、nanoSIMカード 2スロット

フジソフト、ファーウェイも過去に使いましたが、実際の電池の持ち、通信速度から、結局NECのAterm mrシリーズを購入してます。サイズ感もバッチリ、NEC製なのでサポートもばっちり。

人気の記事!

1

関西電力の新しいプラン「なっトクパック」について紹介します。 OL最近、関電からなっとくパック?のDMが来てるけど、正直よく分からへん。結局お得になるん? 結論からいうと、ほとんどの人がお得になるから ...

2

  目次 スマートウォッチとは?普通の時計と何が違う?メリットデメリットスマートウォッチを買うべき人スマートウォッチの選び方対応OS使用用途デザイン機能スマートウォッチ自体コスパは悪いスマー ...

3

目次 フットマッサージャーとは?フットマッサージャーの選び方部位足裏太ももまで含めた脚全体持ち運び装着型据え置き型機能カバー取り外し可能タイマー温感こんな人におすすめ!マッサージ店とどちらがお得かコス ...

-生活用品
-, ,

Copyright© コスパ部 , 2019 All Rights Reserved.