その他

オススメメンズビジネスシューズ

更新日:

というわけで、今回はコスパ最強のビジネスシューズです。オシャレは足元からなんていいますがほんとその通りだと思います。結構靴による印象は大きくて、おまわりさんが職務質問を行う対象として不審な言動をしているというのはあたりましですが、靴が汚い人に声をかける事も多いそうです。それだけ靴が汚いと相手に悪印象を与えてしまうということですね。
ビジネスの場でもそれは同じことです。色落ちしたシューズや擦り切れたシューズは悪印象を与えるということです。今回はビジネスシューズの選び方を説明した後にコスパ重視のビジネスシューズをご紹介します。

ビジネスシューズの色は基本的には、どのスーツに合う「黒」か「ブラウン」を選ぶ事をオススメします。特に黒色はフォーマル、ビジネス共に利用ができるので一足は持った方がよいです。

ビジネスシューズのデザイン

まずはデザインです!ビジネスシューズにも色々タイプがあります。この記事では汎用性の高いデザインの説明を行います。

ストレートチップ

出典:amazon.co.jp

横一文字の切り替えがつま先に入っている靴です。切り替えがあることで、つま先にシワが付きにくいため、綺麗な形状を保ってくれます。フォーマルでもビジネスでも利用でき、切り替えが入っているのでスーツに違和感なく合うため、ビジネスマンなら一足は持っておくことをオススメします。ただし、手入れの際に切り替えにゴミが溜まりやすいので入念にブラシをかけてあげるようにしましょう。ちなみに著者は、ストレートチップ3足(全部黒)とあとで紹介するプレーントゥ(ブラウン)を1足持っています。この2種類があればだいたいなんとかなります。

プレーントゥ

出典:amazon.co.jp

つま先や甲に飾りがないシンプルな靴です。ストレートチップに比べるとフォーマルな印象がなくビジネスシーンにおいてはスタンダードな靴です。ただ、シンプルゆえにユーザーのセンスが問われる靴の印象です。革の良し悪しもよくわかりますし、自分の身長や体格を見据えた上で購入しないとバランスが悪くなってしまいます。さっき1足持っていると書きましたが、仕事使いはストレートチップでプレーントゥはパーティー用に持っています。

モンクストラップ

出典:amazon.co.jp

バックル止めのストラップ(甲を締める)が印象的なデザインの靴です。紐なしの中では唯一ビジネスシューズとして履ける靴です。プレーントゥよりも、少しカジュアルさが欲しい時にオススメです。2つのストラップがついた「ダブルモンク」と言ったデザインもあり、エレガントな雰囲気にピッタリです。著者も一足欲しいと思っているのですが、紐靴派なので新しく買うときに次買おうで結局買えずじまいになってしまっています(汗)、ただ紐靴と違って紐を結ぶ必要がないのでそのあたりは便利なのかな〜と思いますね。

内羽根と外羽根

ビジネスシューズには内羽根、外羽根の二種類あります。状況や好みに応じて選ばれることをオススメします。

内羽根

出典:amazon.co.jp

靴ひもを通す穴(羽根)が、甲より前に潜り込んでいる靴のことで、羽根が開かないため紐の締め付け(調整)が雑になってしまいます。但し、見た目が良く上品な印象になります。そのため、フォーマルシーンや、大切なビジネスの場に選ばれます。著者の持っている靴は全部この内羽根です。理由はフォーマルにも利用でき、ビジネスシーンでも利用できるので、汎用性が高く気に入っています。

外羽根

出典:amazon.co.jp

靴ひもを通す穴が、外で開いている靴で、内羽根に比べ、着脱がラクなため、フィット感の調整が行いやすい特徴があります。疲れにくく、動きやすいので、毎日の通勤など外に出る事の多いビジネスマンにオススメです。外羽根は履いたことがないので、実際にどれくらい疲れないのかはわからないのですが、確かに内羽根だと調整がゆるくなってしまうので長距離移動の際などは疲れることが多いですね。

金額

ここが重要なポイントですが革靴の場合、最低でも1万円以上は見ておいてください。高と思われるかもしれませんが、革の質や作りの強度を考えると安い靴は作りが甘く壊れやすいものが多く買い替えサイクルが早まり返ってコスパが悪いです。見た目や質感、強度を考える場合は1万円以上の靴を購入されることが無難です。

コスパ最強のビジネスシューズ

個人的観点ですがコスパ最強と考えるビジネスシューズは以下の通りです。

出典:amazon.co.jp

KENFORD
KB48 AJ
価格:10,800円
※2018年10月9日時点の価格です

 リーガルの兄弟分ことKENFORD(ケンフォード)のビジネスシューズです。価格は10,800円と少々お高めですが、本革性の高品質なビジネスシューズで甲革は撥水加工処理が施されており、突然の雨でも革が痛みにくいです。また、ストレートチップの内羽根のためビジネスだけでなくフォーマルでも利用できるオールラウンダーとして活躍してくれます。

いかがだったでしょうか。この記事を参考に自分に合ったオシャレな靴を探してみてはいかがでしょうか?

人気の記事!

1

関西電力の新しいプラン「なっトクパック」について紹介します。 OL最近、関電からなっとくパック?のDMが来てるけど、正直よく分からへん。結局お得になるん? 結論からいうと、ほとんどの人がお得になるから ...

2

  目次 スマートウォッチとは?普通の時計と何が違う?メリットデメリットスマートウォッチを買うべき人スマートウォッチの選び方対応OS使用用途デザイン機能スマートウォッチ自体コスパは悪いスマー ...

3

目次 フットマッサージャーとは?フットマッサージャーの選び方部位足裏太ももまで含めた脚全体持ち運び装着型据え置き型機能カバー取り外し可能タイマー温感こんな人におすすめ!マッサージ店とどちらがお得かコス ...

-その他

Copyright© コスパ部 , 2019 All Rights Reserved.