家電

オススメのタブレット ファーウェイMediaPadT5

更新日:

こんにちは、最近寒くなってきましたね。そろそろ冬布団を出そうかと迷っている投稿者です。
さて、今回はタブレットの記事です。スマートフォンで大抵のことはできますが、時には大きな画面がほしいという場面もありますよね?そんなときにタブレットはすごく重宝します。そんな中で9月21日にファーウェイから発売されたコスパ最強のAndroidタブレット「MediaPadT5」についてコスパを検証してみます。タブレットってほしいけど種類がいっぱいあってわからない方や、買い換えようとしている方必見です。

Sponsored Link




 

出典:consumer.huawei.com

MediaPadT5とは?

ファーウェイが今年の9月21日に発売したAndroidタブレットです。価格は2万円台と低価格帯タブレットにもかかわらず。思わずスペック表を見直したくなるような高コスパタブレットとなっています。そのスペック表がこちら!!

スペック

価格 Wifiモデル:22,800円
LTEモデル:26,800円
OS Android8.0+EMUI8.0
重量 485g
プロセッサ Kirin659 8コア
メモリ RAN  2GB + ROM 16GB
ディスプレイ 10.1インチ(IPS)
WUXGA(1,920ドット × 1,200ドット)
バッテリー容量 5,100mAh
サウンド機能 2スピーカー
スマートPA Histen

これだけ見せられても「でっ結局何がすごいの?」ってなりますよね?というわけで、BCN+RことBCNランキングのランキングで上がっている同スペックの価格帯とMediaPadT5との比較を行ってみました!!

画面サイズで比較

まず画面サイズで比較してみます。MediaPadT5の画面サイズですが、スペック表の通り10.1インチです。この画面サイズの平均価格がWifiモデルで24,844円、LTEモデルが31,665円です。つまり、比較するとWifiモデルで約2,000円、LTEモデルでは約5,000円も安いんです。

Wifiモデル LTEモデル
MediaPadT5 22,800円 26,800円
平均価格 24,844円 31,655円
平均価格との差額 約2,000円安い 約5,000円安い

解像度で比較

MediaPadT5の解像度はWUXGA(1,920ドット×1,200ドット)ですが、この解像度の平均価格が、Wifiモデルで26,543円、LTEモデルで29,331円となっており、こちらでもMediaPadT5の方が販売価格が安くなっています。また、高解像度ディスプレイは色鮮やかな発色で、かつ映り込みの少ないIPSパネルなので、屋外でもくっきりと画面が見ることができます。

モデル Wifiモデル LTEモデル
MediaPadT5 22,800円 26,800円
平均価格 26,543円 29,331円
平均価格との差額 約4,000円安い 約3,000円安い

デザイン性で比較

出典:consumer.huawei.com

世間一般の2万円台のタブレットは分厚いプラスチック製フレームのチープな筐体が多いですが、MediaPadT5のフレームはメタリックで上質な質感になっています。また、薄さも7.8mmとスリムでスマートです。更に重量も465gと片手で長時間持っていても、あまり負担になりません。横向きに使われることを想定した設計となっているので電源ボタンや、音量ボタンといったボタン周りの配置の配慮もされており、コントロール面でも非常に優れています

サウンドで比較

「MediaPadT5 音響」の画像検索結果

出典:consumer.huawei.com

MediaPadT5は音の面にも力を入れており、「HUAWEI histen」という独自のサウンド設計を採用しています。筐体下部に設置されている2つのスピーカーから、音が360度に広がり、薄い筐体とは思えない程のクリアな音を発生させることができます。店舗で確認しましたが、確かに従来モデルに比べ伸びやかでクリアな音質でした。

処理機能で比較

MediaPadT5の処理機構として、まずはメモリですが、RAMが2GB、ROMが16GBと一般的です。この点については対して同価格帯の製品と代わりはないように思います。しかしCPUのコア数が圧倒的です!!この製品なんとオクタコア(8コア)搭載です!!「何がすごいの?」と思われたそこのあなた!!この価格で8コア積んでいるというのがすごいんです。市場の10.1インチ8コア搭載型タブレットの価格が大体35,000円〜40,000円程度なのに対してMediaPadT5はなんとWifiモデルで22,800円、LTEモデルでも26,800円です。はい、価格崩壊がおきました。
もちろん動作面では、8コア積んでいるので、処理の重いゲームなんかを動かしながら他の機能を使うようなマルチタスクを行ってもサクサク動きます。

その他いいところ

他にいいところとして、バッテリーは5,100mAhと大容量で1,080pの動画で約8.9時間の連続再生が可能で、屋外での長時間利用でも全然問題ないので、動画視聴用のサブ機として持ち歩いたり、8コアを活かしてマルチディスプレーで資料作成を行ったりもできるでしょう。

Sponsored Link




まとめ

これまで紹介してきた内容をまとめると以下のような感じになります。見てもらえれば、従来の2万円台タブレットと比べて圧倒的なコスパであることがわかると思います。タブレットをこれから買おうと言う人は絶対にオススメできると断言できるコスパ最強のAndroidタブレットです。この機会に是非検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ

画面サイズ 同スペックの平均価格に比べ、
Wifiモデル:約2,000円 安い
LTEモデル:約5,000円 安い
解像度 同スペックの平均価格に比べ、
Wifiモデル:約4,000円安い
LTEモデル:約3,000円安い
デザイン 質感:メタリックで上質
薄さ:7.8mmでスマートでスリム
配置:横向け利用想定で使いやすい
音質 「HUAWEI histen」というサウンド設定で伸びやかでクリアな音質
処理機能 メモリは一般的だがCPUのコア数が8コアと同価格帯(2万円台)と比べると圧倒的

 

改めて製品紹介

出典:consumer.huawei.com

HUAWEI
MediaPadT5
価格
Wifiモデル:22,800円
LTEモデル:26,800円
※価格は2018年10月21日現在のものです

 

いかがだったでしょうか?私はこの商品を見て久しぶりにビビりました 笑。それくらいインパクトの大きな製品です。電気屋とかに行った際にもしこの記事を覚えてくださっていれば一度手にとってそのコスパの良さに驚いてください!!では、またお会いしましょう!!

Sponsored Link




人気の記事!

1

関西電力の新しいプラン「なっトクパック」について紹介します。 OL最近、関電からなっとくパック?のDMが来てるけど、正直よく分からへん。結局お得になるん? 結論からいうと、ほとんどの人がお得になるから ...

2

  目次 スマートウォッチとは?普通の時計と何が違う?メリットデメリットスマートウォッチを買うべき人スマートウォッチの選び方対応OS使用用途デザイン機能スマートウォッチ自体コスパは悪いスマー ...

3

目次 フットマッサージャーとは?フットマッサージャーの選び方部位足裏太ももまで含めた脚全体持ち運び装着型据え置き型機能カバー取り外し可能タイマー温感こんな人におすすめ!マッサージ店とどちらがお得かコス ...

-家電

Copyright© コスパ部 , 2019 All Rights Reserved.