家電

おすすめトラックボールマウス3選

更新日:

最近涼しくなってきましたね。過ごしやすい気候なので旅行なんて行きたいなと思っている今日この頃です。さて、今回はビジネスシーンで使えるトラックボールマウスについてご紹介したいと思います。「トラックボールマウス?」「普通のマウスと何が違うの?」と思われている方もいらっしゃるかと思います。この記事ではトラックボールの紹介と選び方そしてコスパ最強のトラックボールをご紹介します。

 

トラックボールマウスとは?

出典:amazon.co.jp

省スペースで作業ができる

画像の通り、マウスボールがマウスの側面または上部に取り付けられたマウスのことです。普通のマウスはセンサーが下に取り付けられており、机などに這わせて利用するため、マウスを動かすスペースが必要です。しかし、トラックボールマウスはボールを指で操作することでマウスカーソルを制御できます。そのため、マウス自体を動かす必要が無く省スペースで操作が可能です。

精密な操作ができる

省スペースならノートPCのパットで操作しても一緒じゃんと思うかもしれませんが、トラックボールマウスはボールの転がし具合で精密な操作が可能なので移動中のプレゼン資料の作成等にもってこいのマウスなのです。私も出張の移動中トラックボールマウスを利用し提案書やプレゼン資料の作成を行ったりしますが、パット操作に比べ精密作業が非常に行いやすいです。デスクでの作業はもちろん、移動の多いビジネスマンにもオススメです。

 

トラックボールマウスの選び方

ボールの位置で決める

トラックボールの選び方のまず第一歩はボールの位置です。ボールの位置は「親指タイプ」「人差し指タイプ」「手のひらタイプ」の3パターンに分けられます。今回は、ビジネスシーンでの活用がメインなので、「親指タイプ」と「人差し指タイプ」のみご紹介します。

スタンダードな「親指タイプ」

出典:amazon.co.jp

親指操作型はスタンダードなタイプです。通常のマウスのクリック配列のとなりにボールがあるので、今までマウスを使てきた人でもすぐになじめるのが特徴です。私もこのタイプのマウスを使っていますが、1日で使用感に慣れました。これからトラックボールを使ってみようという方にはオススメの形状です。

利き手に左右されにくい「人差し指タイプ」

出典:amazon.co.jp

このタイプは人差し指で操作するタイプです。製品によっては左右対称のものもあるので、利き腕を気にせず使える点がメリットです。但し見ての通り通常のマウスに比べると少し形状が異なるため、利用になれるまでに少し時間がかかるかもしれません。

機能で選ぶ

出典:amazon.co.jp

この画像を見てもらったらわかりますが、左右クリック以外にもボタンやスイッチのようなものがついていますよね?通常のマウスにもついているものはありますが、このボタン等はついていると無茶苦茶便利です。私が使っていて便利だなと感じたのは、ブラウザのバック、フォワード作業とカーソルの低速ボタンです。ただ、多機能すぎると混乱してしまうのでこの3つの機能もしくは2つの機能がついているもので検討されるのを私はお勧めします。

 

コスパ最強のトラックボール

では私の考えるコスパ最強のトラックボールを2機種ご紹介します。

操作感が最高の一品

出典:Amazon.co.jp

Logicool SW-M570
参考価格:4,368円
※2018年9月10日現在

まず一つ目は、LogicoolのSW-M570です、言わずと知れたLogicoolのベストセラー商品です。私も下で紹介している製品を購入するまで使っていました。機能面は通常のマウス機能とバック、フォワードボタンのみとシンプルですが、ボールの滑らかさが他の製品と一線を画します。一度この感覚を味わってしまったら他の製品が触れなくなってしまうのでは?と思うくらい初めて使った時は感動しました。値段も4,000円台と一般的なマウスレベルですので、コストと操作感のバランスの取れた非常にオススメできる一品です。

 

フィット感と機能が最高

出典:Amazon.co.jp

Elecom M-XT3DR
参考価格:3,798円
※2018年9月10日現在

私のもう一つのお勧めは、ElecomのM-XT3DRです。こちらはSW-M570のボールの滑らかさは劣るものの手のフィット感が最高です。現在私が愛用しているトラックボールマウスです。このマウス結構機能が豊富でバック、フォワードボタン以外に速度切替機能(基本低速でOK)と低速ボタン(一番右のクリック)、マウスホイールが上下だけでなく左右操作(地味に便利)が可能です。特に細かい作業を行う際に低速ボタンが重宝します。これのおかげで、提案資料作成の効率が格段に向上しました!お値段も4,000円切りとリーズナブルでこちらも非常にオススメの一品です。
※ボタンの制御内容はカスタマイズ可能です。

 

いかがだったでしょうか?これを機にトラックボールデビューをし、より効率的な作業を行ってみてはいかがですか!?

人気の記事!

1

関西電力の新しいプラン「なっトクパック」について紹介します。 OL最近、関電からなっとくパック?のDMが来てるけど、正直よく分からへん。結局お得になるん? 結論からいうと、ほとんどの人がお得になるから ...

2

  目次 スマートウォッチとは?普通の時計と何が違う?メリットデメリットスマートウォッチを買うべき人スマートウォッチの選び方対応OS使用用途デザイン機能スマートウォッチ自体コスパは悪いスマー ...

3

目次 フットマッサージャーとは?フットマッサージャーの選び方部位足裏太ももまで含めた脚全体持ち運び装着型据え置き型機能カバー取り外し可能タイマー温感こんな人におすすめ!マッサージ店とどちらがお得かコス ...

-家電

Copyright© コスパ部 , 2019 All Rights Reserved.